同窓会について

会則・規定

千葉工業大学同窓会は、千葉工業大学卒業生の相互の新睦を厚くし、知識の交換をはかり、あわせて母校の発展に寄与することを「会則」の目的に掲げ、活動しています。

会則

第1章:
総則
第2章:
目的及び事業
第3章:
会員
◎(1)正会員 千葉工業大学の学部及び大学院の卒業生
◎(2)教職員会員 正会員でない千葉工業大学の専任教職員
◎(3)特別会員 千葉工業大学に縁故ある法人,団体及び個人で本会の目的に賛同し理事会が承認した者
◎(4)名誉会員 会長などを歴任し,本会の発展に著しい功績があり,理事会に推薦され,承認を得た個人
◎(5)学生会員 千葉工業大学の学部及び大学院に,現に在学中の学生
第4章:
役員及び職員
◎役員の役職名、定数、選出方法、任期などを定めています。
◎会長・学外評議員は選挙で選出されます。
◎特命理事を除く全ての役員の任期は3年です。
第5章:
会議
◎総会:最高議決機関で通常は年1回開催されます。
(事業報告・事業計画・決算・予算などについて審議および議決します)
◎評議員会:本部役員、支部役員、学科評議員など約130名で、年2回開催されます。
◎理事会:理事・および学内評議員で年に数回開催されます。
(評議員会・総会の議案の原案を作成します。その他、同窓会の各事業、行事などについて企画し、実行します)
第6章:
資産及び会計
◎資産管理・予算・決算・監査などについて定めています。
第7章:
会則の改廃
第8章:
補則

以上